健康

豊かな生活

豊かな生活を送るためには、水は欠かせないものである。
飲食をするとき、お風呂に入るとき、トイレに入るとき、洗濯をするときなど、日常生活のあらゆる場面で水が使われている。
日本では、蛇口から簡単に水を出すことができ、特に日常生活で水が足りないと、困ることはないだろう。
しかし、外国では水不足に悩まされ、日本のような暮らしができない国がたくさんある。
おいしい水を飲むどころか、そもそも水の量が足りていないのだ。

日本は、水の豊かな国だと考える人もいるだろう。
確かに、世界的に見ると日本は水が豊かな方なのかもしれない。
しかし、日本は昔と比べ洪水量が少なくなっている。
また、工場の数が増えたことで、水を使う量は増えている。
これらの影響から、日本も水不足が深刻な問題になっている。
おいしい水を飲むためにも、この水不足を解決しなくてはならない。

日本は、海外から水輸入を行っている。
水輸入といっても、水を直接貰っているわけではない。
水が必要な「農作物」を海外から輸入しているのだ。
これにより、日本は水を使う量を減らすことができる。
実際に、日本で全ての農作物を作るとなると、相当な水の量が必要になる。
海外に頼っているため、日本の水の量ははそれほど大きく減ることがない。
その影響から、日本が水不足だと感じている人が少ないといえる。
日本は、いつでも安全でおいしい水を飲むことができる国である。
当たり前のように飲めるおいしい水だが、そのありがたみを感じることが大切だ。