健康

体に不可欠

人間のみならず、生物には水が必要不可欠である。水は体のエネルギーを作りだす原料だからである。このため、人間はおいしい水を求め、森林にダムなどをつくりだしてきた。

この記事の続きを読む

豊かな生活

生活の基礎である水の供給が落ち着いたならば、人間はより水においしさを求める。天然水や硬水、軟水といったおいしい水が求められるのはこのためである。水が多い地域に人は住む傾向にあり、日本は世界有数の水供給量を誇る地域である。

この記事の続きを読む

購入する方法

日本人にとって、水は水道をひねれば簡単に供給されるものである。しかし、よりおいしい水を味わうためには、購入するという方法もある。生活に上手に色んな地域の軟水やミネラルウォーターを活用することができる。

この記事の続きを読む

自分で作る

自宅にウォーターサーバーを作れば、簡単においしい水が味わえる。日本の水道水は高い安全基準を誇っているが、これに浄水器や軟水器を取り付ければ、より水を美味しくすることができる。

この記事の続きを読む

生活に取り入れる

人間の歴史において、水を管理するということは大変重要なことであった。
日本は世界の中でも有数の降水量を誇り、豊かな自然がある。
このため、水の供給量も多い傾向にあったが、世界中では水が不足し、水がないことで都市が消滅するということがよくあった。
世界中ではこうした水不足に関する災害が多く見られる。
そういった地域の人にとっては、水はそれだけで豊かな暮らしや生命の維持の象徴となるのである。
一方で、日本をはじめとする降水量が多い地域では水の氾濫が防災の課題であった。
また、島国であることから、水がすぐに無くなってしまう地域も多く、そうした地域では安定的な水の供給が重要視された。
このように、人間は歴史の中で水と密接に関わりあい、今の暮らしを支えてきているのである。

水は雨となって降るので、永久的に供給されるイメージがある。
しかし、実はおいしい水は何もせずに供給されるというものではない。
地球上では水は循環しているということを理解しなければ、水を守ることはできないのである。
人間は大量生産することで経済を発展させてきているが、公害問題で環境が汚染され続けている。
このため、ダムにたまり、水道で供給される水が、かならずしもそれだけでおいしい水であるという保障は無いのである。
国の取り組みで、水を安全に供給する施設が生み出されてきているが、おいしい水や安全な水を取り入れるには、自分で取り組む必要もある。

オススメリンク